マツダ
1960年代

R360クーペ

乗用車市場への進出が叶った2+2の力作
戦前からオート3輪を手掛け、 戦後、軽3輪トラックのジャンルで 成功を収めたマツダ(東洋工業)。 次に狙うは乗用車マーケットへの進出である。 スバル360が人気を博していた市場に、 マツダが送り込んだ新型車は、 2+2に割り切った斬新なクーペモデルであった。
マツダ
1970年代

コスモAP

マツダ渾身の高級スペシャルティカー
第4次中東戦争に端を発したオイルショックで、 最も苦境に立たされたのは東洋工業だろう。 燃料消費の多いロータリーエンジンは、 市場から“悪いエンジン”のレッテルを貼られ、 結果的に販売台数は大きく下落する。 しかし開発陣はロータリー車の開発を諦めなかった──。
マツダ
2010年代

ロードスター

“原点回帰”。SKYACTIV技術と魂動デザインを採用した第4世代
マツダは2015年5月にロードスターの全面改良を 実施して第4世代となるND型系を市場に放つ。 軽量スポーツカーへの原点回帰を果たした新型は、 エンジンやミッション、シャシー、ボディなどに FR用に新設計した先進のSKYACTIV技術を導入。 独自の魂動(こどう)デザインを取り入れて、 誰もが一瞬で心ときめく新世代スポーツカーの スタイリングを創出したことも訴求点だった。
マツダ
1970年代

サバンナ・スポーツワゴン

ロータリーエンジンを搭載した多用途俊足派
超スムーズ&パワフルなロータリーエンジンと ユーティリティに優れたワゴンボディを融合させた サバンナ・スポーツワゴンは斬新な存在だった。 スポーツカー並みの速さと休日を豊かにする広い空間が 新たなパーソナルカー像を提唱したのだ。 時代のニーズを先取りしたエポックモデルの1台である。