マツダ
1960年代
1970年代
1980年代

ファミリア・プレスト

“急速”のサブネームを持つ本格派
1966年に登場したカローラやサニーの効果で、 にわかに盛り上がる日本のマイカー・ブーム。 東洋工業が販売するファミリアも その一翼を担っていったが、 戦闘力のさらなるアップを目指して、 1970年にビッグマイナーチェンジを実施した。
マツダ
1960年代
1970年代

ルーチェ・ロータリークーペ

ロータリー搭載のFFスペシャルティ
1967年にコスモスポーツをデビューさせた 東洋工業は、ファミリア・ロータリークーペなどで ロータリゼーションを進めていた。 市販モデルとしては4番目のロータリー搭載モデルは 豪華装備を持つルーチェ・ロータリークーペ。 FFレイアウトという 新機能を備えてのデビューとなった。
マツダ
1960年代

R360クーペ

乗用車市場への進出が叶った2+2の力作
戦前からオート3輪を手掛け、 戦後、軽3輪トラックのジャンルで 成功を収めたマツダ(東洋工業)。 次に狙うは乗用車マーケットへの進出である。 スバル360が人気を博していた市場に、 マツダが送り込んだ新型車は、 2+2に割り切った斬新なクーペモデルであった。