セリカ カムリ 【1980,1981,1982】

都市型スポーティセダンの登場



度重なる排出ガス規制を乗り切った1980年代初頭、
トヨタ自工は本格的に車種展開の拡充に着手し始める。
その手法は同一コンポーネントを使って
内外装を化粧直ししたモデルの開発だった。
1980年1月には4ドアのカリーナのメカを流用した
スポーティセダンがカローラ店から販売される。
販売店の意向に則した車種追加

 段階的に強化された排出ガス規制、1979年のイラン革命に端を発した第二次オイルショックなど、度重なる困難を克服したトヨタ自工は、来るべき1980年代に向けて車種展開の強化に奔走する。その基本戦略は、ひとつのシャシーを使って複数の新型車を造り、ディーラー別にどんなユーザーにも対応できるフルラインアップを完成させることだった。

 そんな状況のなか、主力ディーラーであるカローラ店系列からミディアムクラスのセダンの設定を要望される。カローラから上級車に移る際の受け皿を増やすのが目的だ。しかし、排出ガス対策などに追われて予算が少なかった1970年代末のトヨタ自工にとって、まっさらなミディアムサルーンを開発するには無理があった。そこで首脳陣は、既存の車種を使って内外装を作り変える方針を決定する。ベース車として白羽の矢が当たったのは、1977年8月にデビューしていた2代目カリーナの4ドアモデルだった。

スポーティイメージの強調

 開発陣は早速、内外装のイメージチェンジに着手する。ディーラーから伝わるユーザーの希望は、「スポーティなイメージのミディアムサルーン」だった。そこでデザイナーは、カローラ店で販売していた随一のスポーティモデルであるセリカのディテールに範を採る決断を下す。グリルはセリカXXと同様にメッキのT字バーを配置。精悍なホイールデザインもセリカと共通だった。シャープな造形の角目2灯式ヘッドライト、サイドまで回り込ませたリアのコンビネーションランプなどのアレンジもエクステリアの存在感を高めるのに一役かっていた。

 1980年1月、「都市型スポーティセダン」のキャッチフレーズを冠したミディアムサルーンがカローラ店のショールームに並ぶ。車名は開発過程をそのまま表すように、セリカの名を使った「セリカ・カムリ」と命名されていた。

 セリカ・カムリに対してクルマ好きは当初、「セリカの名を冠しているのだから、走りもスポーティだろう」と想像していたという。しかし、その期待は残念ながら裏切られた。カリーナ譲りのしなやかな乗り心地は味わえたものの、1.8リッターと1.6リッター・エンジンは非力で加速が今ひとつ。ワインディングでのハンドリングも反応が鈍かった。やがて「これはセリカじゃない」という声がユーザーから発せられるようになる。トヨタ自工もこの評価は折り込み済みだったようで、実はとっておきのモデルを隠していた−−。

渾身のGTモデルのデビュー

 1980年8月、セリカ・カムリに最上級グレードが追加される。18R-GEU型の2リッター・ツインカムエンジンを搭載したGTグレードだ。しかもこのGTには、前マクファーソンストラット、後セミトレーリングアームという四輪独立懸架の足を組み込んでいた。さらに強化ダンパー&スプリング、ブースター付き4輪ディスクブレーキ、185/70HR14スチールラジアルタイヤなどのアイテムも標準で装備する。

 スポーツアイテムを満載したGTは、セリカの名に恥じない俊敏な走りが楽しめた。加速は鋭く、コーナリング時の路面追従性も向上。しかも四輪独立懸架の効果で乗り心地が意外なほどよかった。当初の都市型スポーティセダンというキャッチフレーズは、GTのデビューでようやく認められるようになったのである。

 セリカ・カムリはGTのデビューと同時期に新チャンネルのビスタ店での取り扱いも開始され、2系列からのリリースとなった。販売台数もそこそこ伸びたが、ベース車のカリーナがモデルチェンジしたために、1982年3月にはビスタと同コンポーネントの新型に切り替わってしまう。そして新型はセリカの名を取り払って「カムリ」の単独ネームとなった。クルマのキャラクターもスポーティから上級サルーンへと変身し、その後はトヨタの国際戦略車として位置づけられるようになる。ある意味セリカ・カムリは、カムリ史上で最もスポーティなモデルであり、いちばん個性が強かった一台といえるのかもしれない。

COLUMN
名車のトヨタ2000GTとの共通性を強調したGT仕様
 セリカ・カムリ2000GTは、トヨタの名車中の名車であるトヨタ2000GTと比べた広告戦略を展開した。当時の宣伝文句を抜粋、要約しよう。「あのトヨタ2000GTから13年。ツインカムは再び四輪独立懸架の足にめぐり会った。4ドアスポーツの真髄、カムリ2000GTは四輪独立懸架の足を強化サスペンションでチューニング。リアスタビライザーも強化して、走りの足を完成した。ブレーキはもちろん四輪ディスクブレーキ。エンジンはエミッションコントロールの嵐の中をしたたかに生きのびたトヨタツインカムを代表する2リッターDOHC-EFI、18R-GEU型。いまだ走る歓びを失っていない男たちよ。心ある大人たちよ。GTアゲイン」。