レパード 【1986,1987,1988,1989,1990,1991,1992】

先進機構満載の2代目高級スペシャルティ



高級スペシャルティでの復権を目指して

 国産初の高級スペシャルティカーとして、1980年9月にデビューしたF30型の初代レパード。しかし、約5カ月後にデビューした初代トヨタ・ソアラにユーザーの注目が集まり、結果的に初代レパードの影は薄くなってしまった。日本の自動車ユーザーの上級指向はますます高まり、高級スペシャルティ市場もさらに拡大するはず--そう判断した日産の首脳陣は、市場での復権を目指して次期型レパードの企画を意欲的に推し進める。時代はバブル景気の助走期。開発資金も豊富に投入された。
 次期型を企画するに当たり、開発スタッフは「大人のライフスタイルをハイセンスに演出するプレステージ・スペシャルティカー」という基本テーマを掲げる。具体的には1:2ドアの“優美さ”と“しなやかさ”を表現したスタイル2:高級・高性能なV6エンジンバリエーション3:乗る人を包み込むような一体感、高品質感漂うインテリアの実現を目指した。

 スタイリングに関してはCd値(空気抵抗係数)0.32の優れた空力特性を実現したうえで、ダイナミックで優雅なプロポーションやプレステージ性を強調した8連マルチヘッドランプを採用する。エンジンは新開発のVG30DE型3L・V6DOHC24Vを筆頭に、VG20ET型2L・V6OHCターボ、VG20E型2L・V6OHCという計3機種のプラズマユニットを設定した。インテリアでは助手席専用の“パートナーコンフォートシート”や全面一体カラー液晶表示の“グラフィカル・デジタルメーター”、各種機能を組み込んだ“光通信ステアリング”などの新技術を積極的に盛り込む。

先進技術を積極的に投入

 最大のライバルであるソアラが2代目に移行してから約1カ月後の1986年2月、F31の型式を付けた2代目レパードがデビューする。グレード展開はVG30DE型エンジンを搭載するアルティマ、VG20ET型を積むXS系、VG20E型を採用するXJ系をラインアップした。
 新しいレパードは、“世界初”または“わが国初”の技術を満載していた。世界初では気筒別燃料制御システムやパートナーコンフォートシート、日本初ではNVCS(日産バルブタイミング・コントロール・システム)やNICS(日産インダクション・コントロール・システム)/ツインスロットルチャンバーなどを採用する。ほかにも電子制御のスーパーソニックサスペンションや車速感応油圧反力式パワーステ、4WAS(4輪アンチスキッド)、高品位4コート塗装、デュラスチール(新防錆処理鋼板)、カードエントリーシステムといった新機構を盛り込んでいた。

 高級スペシャルティ分野でのシェア拡大を目指して、先進技術を満載してデビューしたF31型レパード。しかし、3L直6DOHC24Vターボをイメージリーダーとするソアラの牙城は崩せず、さらに本来は格下であるはずのホンダ・プレリュードにも人気や販売成績の面で大きく遅れをとった。
 この状況を打破しようと、開発陣はレパードの改良を相次いで実施する。1987年6月にはモケットシートやAVシステムなどの快適アイテムを備えた「グランドセレクション」を追加。1988年8月にはマイナーチェンジを実施し、内外装に新鮮味を与える。同時に3L・V6DOHCと2L・V6DOHCにセラミックターボを組み込む仕様も設定した。

中古車になってから人気が上昇!?

 エンジンの強化でソアラの追撃体制を築いたF31型レパードだったが、時すでに遅く、販売成績はソアラの後塵を拝し続ける。そのうちにユーザーの興味はRVに移り、高級スペシャルティ市場そのものが衰退してしまった。
 結果的にF31型レパードは思うような売り上げを記録できないまま、1992年6月にフルモデルチェンジを受けて3代目に移行する。販売面では失敗に終わった2代目……。しかし、1990年代末に入ると、意外なところで注目を集めるようになる。いわゆる“中古車市場”だ。VIPカー・ブームの最中、ソアラなどに比べて割安だった2代目レパードは、予想以上の人気を博す。価格以外にも、TVドラマの『あぶない刑事』で使用されていた、過剰品質とまでいわれた高品位4コート塗装やデュラスチールによってボディがいい状態に保たれていた、独特の2ドアハードトップデザインがドレスアップによく栄えた--といった特徴も人気を集めた要因だった。
 日産の技術の推移を結集して開発した2代目レパードは、皮肉にも中古車になってから真の実力が認められたのである。