日産
1970年代
1980年代

パルサー

薫る欧州車テースト。FF実力車
日産初のFFモデルとして、 若者を中心に人気を博したチェリー。 その後継車種として登場したのが、 2BOXスタイルのパルサーだ。 信頼性の高いメカと活発な走りは、 欧州指向のユーザーの注目を集める。
日産
1980年代
1990年代

マーチ

日産初のベーシックカジュアル
国内第二位の販売シェアを誇る日産自動車は、 1980年代に向けて新たな戦略を打ち出す。 同社のボトムラインを支える リッターカー・カテゴリーへの進出だ。 その力の入れ具合は半端ではなかった。
日産
1960年代
1970年代

パトロール

パワフルエンジンの最強4WD
三菱Jeep、トヨタ・ランドクルーザー、そして日産パトロール。 3台は1950年の警察予備隊(現在の自衛隊)の創設と密接に関係している。 警察予備隊の制式車両を目指して開発されたからだ。 制式車両には三菱Jeepが就任するが、 ランドクルーザーとパトロールは民生用として活躍。 パトロールはパワフルさを生かし海外で大きな反響を呼んだ。
日産
1980年代
1990年代

マキシマ

世界標準を目指した3ナンバーサルーン
1984年10月にU11型ブルーバードの 派生モデルとして、国内デビューとなったマキシマ。 その次世代モデルは、「真の高級」 そして「本当のゆとり」を目指して開発され、 国際的なスケールで作られた 3ナンバーサルーンとして誕生した。
日産
1980年代

ローレル

スクエアスタイルを強調した5代目
排ガス規制を完全に克服した1980年代前半、 日産自動車は新カテゴリーの参入に加え、 主力車種のモデルチェンジを積極的に図っていく。 1984年にはアッパーミドルサルーンの ローレルが5世代目に移行した。
日産
1970年代

シルビア

復活した日産のスペシャルティカー
1968年6月に生産を打ち切った 初代シルビアの後、7年ぶりにその名が復活。 2代目はスペシャルティカーとしての資質を継承しながら、 主要パーツを他モデルと共有するなど、 合理化を図ったモデルだった。 トヨタのセリカに対抗する スタイリッシュなモデルとして、高い人気を集めた。
日産
1970年代

キャラバン

日産ワンボックスの旗艦
1970年代に入ってますます商用車の需要が増大。 さらに徐々に浸透し始めた アウトドア・レジャーによって、 ユーザーは大量の荷物と多人数での移動を 1台でまかなえるクルマを求めるようになる。 日産自動車はその回答策として、 大型ワンボックスの開発を推進した。