カムリ 【1986,1987,1988,1989,1990】

DOHC16Vをポピュラーにした新世代FFサルーン


3代目カムリは本質的な価値を磨いたFF最上級サルーン。とくにパワーと経済性、そして音色まで磨き込んだ新開発ハイメカツインカム(3S-FE型)の採用が話題を呼んだ

ステアリング周囲にスイッチを集中配置した合理的な設計を採用。室内各部のていねいな仕上げも好評だった

エンジン横置きFFレイアウトの利点を生かし広い室内空間を実現。写真のZXはモケットシートを装備

上級モデルには見やすさと先進イメージを巧みに融合したデジタル式メーターを設定

兄弟車のビスタは4ドアハードトップが選べたがカムリのボディタイプはセダンのみ。写真は最高出力140psを誇るスポーティツインカムの3S-GE型を搭載したGT

GTは195/60サイズの15inタイヤを装着。電子制御サスペンション(TEMS)も選択可能だった

GTは操作性を重視した3本スポークステアリングが特徴。4速ATは電子制御のECT-S仕様

バケット形状のスポーツシートはGT専用アイテム。ヘッドレストはシースルー型