アリオン 【2001,2002,2003,2004,2005,2006,2007】

多彩な魅力を1台にまとめた実力派4ドア



カリーナの後継となる多機能モデルの誕生

 アリオンは、カリーナの後継車として誕生した。コロナの後継モデルであるプレミオとは兄弟車の関係にある点も、先代にあたるカリーナおよびコロナから受け継いでいる。
 アリオン、プレミオともに取り回しのよいボディサイズの中に、ルーミーな室内空間を実現。しかし、落ち着き感を重視したプレミオに対して、アリオンは若々しいアクティブなイメージを求めたデザインを採用した。フロント回りでは、個性的なトライアングル形状のヘッドランプが、スポーティーなイメージを強調。サイドはボリューム感のある面構成とシャープなキャラクターラインを組み合わせてダイナミックなイメージ作りを図っている。リヤではトランクエンドを後方に引いたスポイラー形状を採用。全身ではつらつとしたスポーティーなイメージを追求しているのは、アリオンの個性である。

取り回し性に優れたサイズ。室内は漆黒調

 ボディサイズは、全長4550×全幅1695×全高1470mm。プレミオと比較すると、全長はアリオンが50mm短いが、全幅と全高は完全にオーバーラップする。先代に当たるカリーナと比べてみると、55mm長く60mm背が高い。ホイールベースは2580mmのカリーナに対して、アリオンは2700mm。ホイールベースは120mmもアリオンのほうが長い。カリーナの数値と比較すれば、ホイールベースを伸長しながらも、前後のオーバーハングを切り詰めたアリオンのディメンションが浮かび上がる。

 インテリアは、「充実した時を過ごせる、クラスを超えた上質で豊かなたたずまい」をテーマに掲げる。インパネはセンター部分を手前に迫り立たせたデザインが特徴。左右方向へと伸びやかなラインを加えることで、空間の広がりを感じさせる造形になっている。備え付けたパネル類は、木目調の装飾によりプレステージ性をアピールしたプレミオに対して、アリオンでは漆黒調の装飾を採用。スポーティーで若々しい印象を抱かせるキャビンに仕上げた。

 セダンでありながらRVやワゴンのようにシートアレンジを多彩にしているのも特徴だ。リアシートは分割でリクライニングとダブルフォールディングができ、畳むとトランクと一体化。1700mmの長さを持つスペースとなり、可動式パッケージトレイは取り外しが可能になっている。また、フロントシートの背もたれはフルフラットができる。

全車、連続可変バルブタイミング機構付きエンジン搭載

 搭載エンジンは3タイプ。トップエンジンとなる1AZ-FSE型2L直列4気筒DOHC16V(最高出力152ps/6000rpm、最大トルク20.4kg-m/4000rpm)は、筒内直接燃料噴射(D-4)システムの採用で低燃費を実現しながら、連続可変バルブタイミング機構(VVT-i)の採用で、低速から高速まできびきびとした爽快な走りを披露する。そのほか、1ZZ-FE型1.8L直列4気筒DOHC16V(132ps/6000rpm、17.3kg-m/4200rpm)、1NZ-FE型1.5L直列4気筒DOHC16V(109ps/6000rpm、14.4kg-m/4200rpm)を搭載。1.8Lユニットも1.5Lユニットも、どちらもVVT-iを採用した。

 アリオンはカリーナの後継モデルだけに、爽快な走りが楽しめた。格別スポーティーなグレード設定はなかったが、落ち着いた印象のなかに光るアクティブなフィールが、カリーナの血統であることをさりげなく主張した。地味ながら光る存在である。