トヨタ
1970年代

トヨペット・コロナ・ハードトップ1900SL

HTに蘇ったスポーティな走り
人気モデルとなったアローラインの 後を受けてデビューした4代目コロナ。 1.5リッター、そして1.6リッターエンジンを 4ドアセダンのボディーに搭載して登場した。 そのデビューから半年、コロナにとって2世代目となる ハードトップ(HT)モデルが誕生。 このHTのトップモデルが、スポーティな1900SLである。
トヨタ
1960年代

パブリカ

実用性と高性能を兼備した「大衆車」の誕生
1960年、第7回全日本自動車ショーで お披露目となった新型車には、まだ名はなく 「トヨタ大衆車」として発表された。 6年の歳月を費やして生まれた、このUP10型は、 「これ以下ではムリ、これ以上はムダ」 というコピーが示すとおり、 質実剛健かつシンプルなベーシックカーとして誕生する。
トヨタ
1950年代
1960年代

トヨペット コロナ

トヨタの基盤を築いた名車の出発点
乗用車として人気を得たクラウン、 そしてタクシー用のマスター、 この2台の長所を組み合わせ、小型車に仕立てたコロナ。 燃費に優れた33psユニットや、 新メカニズムのビルトインフレームを採用。 ライバルのダットサンに対抗するために急きょ開発され、 使いやすい経済車をうたって登場したが、道は険しかった。
トヨタ
1950年代
1960年代

クラウン デラックス

日本を代表する高級サルーンの誕生
初めてトヨペットの名を冠した小型車SA型から8年。 トヨタは高級セダン、トヨペット クラウンRS型を発売する。 トヨタの総力を傾け、 3年の歳月を費やして生まれた新型サルーンは、 当時の先端技術を存分に注入。 国産車の基準を大きく引き上げた名車は、 以来、高級車の代名詞となる。
トヨタ
1980年代

セリカ2000GT-R

“流面形”スタイルを採用した4代目
スペシャルティカーというカテゴリーを 日本で確立したセリカは、 1980年代中盤に入って大変身を遂げ、 駆動方式にFWDを採用するようになる。 同時にスタイリングも一新し、 流面形を名乗る空力ボディを導入した。
トヨタ
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代

ランドクルーザー40

世界へ羽ばたいた国産4WDの王者
1951年のトヨタ・ジープBJから、 ランクルの輝かしい歴史は始まった。 1960年に登場した40系は、おおよそ25年もの間、 ラインアップの中核を担ったロングセラー。 この40系の人気を決定付けたモデルが、 1974年に登場した 3リッター・ディーゼル搭載のBJ40系である。
トヨタ
1960年代
1970年代

2000GT

世界が驚いた日本が誇るサラブレッドスポーツ
トヨタ2000GTは、欧米のコレクターからも “クラシック”として認知されている名車中の名車。 見る者を魅了する流麗なフォルム、精緻なメカニズムもさることながら、 世界速度記録への挑戦や007シリーズのボンドカーへの抜擢など、 名車にふさわしいストーリーの持ち主だ。 トヨタ2000GT、それは成熟に向かっていた日本の「夢の結晶」だった。
トヨタ
1980年代

ハイラックス・サーフ

トヨタ製クロカンのヒット作
1970年代末ごろから徐々に広がり始めた 日本のレクリエーショナルビークル・ブーム。 各自動車メーカーも、その流れに対応した 新型車を続々とリリースするようになる。 トヨタはピックアップのハイラックスを ベースにした魅力的なSUVを開発した。
トヨタ
1970年代
1980年代

トヨタの歴史3 第三期/1973-1983

排ガス規制の克服と車種設定の拡充
さまざまな技術革新で排出ガス規制を 乗り切ったトヨタ自動車工業は、 1970年代末になるとクルマの高性能化に着手し始める。 さらに生産工場や販売ディーラーの拡大も実施。 日本No.1自動車メーカーとしての地位を 確固たるものにしていく──。
トヨタ
1950年代
1960年代
1970年代

トヨタの歴史2 第二期/1958-1972

日本No.1メーカーへの成長と足固め
オリジナル乗用車のクラウンやコロナなど、 積極的に新型車を発売した1950年代半ばのトヨタは、 来るべき1960年代に向けて小型車の開発に乗り出す。 さらに自社の技術力を世界にアピールする スポーツカーの製作にも意欲を見せ始めた――。