プリンス
日産
1960年代
1970年代

ローレルHT

日産初の流麗2ドアスペシャルティ
国民所得の増加や道路網の整備などで 急速に進展する日本のモータリゼーション。 大衆車で満足していたユーザーは、 次第により上級なクルマを求めるようになる。 そんな状況に対応して日産自動車は、 「ハイオーナーカー」に 流麗なハードトップを設定した。
プリンス
日産
1960年代
1970年代

グロリア

縦目4灯。プリンス自動車の遺産
業績好調の日産自動車は、 その勢いを誇示するような政策を 1966年8月に実施する。 独自の高い技術を持ち、 レースの世界でも活躍していた プリンス自動車工業の吸収合併だ。 合併後の1967年4月、 プリンスの最上級車種だったグロリアが 「日産グロリア」の名でデビューする。