日産
1970年代
1980年代

パルサー

薫る欧州車テースト。FF実力車
日産初のFFモデルとして、 若者を中心に人気を博したチェリー。 その後継車種として登場したのが、 2BOXスタイルのパルサーだ。 信頼性の高いメカと活発な走りは、 欧州指向のユーザーの注目を集める。
いすゞ
1980年代
1990年代

ビッグホーン

国産SUVの先駆モデル
1980年代初頭、日本の自動車メーカーは 新しいクルマのカテゴリーを模索していた。 そんな中、いすゞ自動車はある決断を下す。 アメリカ市場で人気を獲得しつつあった“四駆” いわゆるSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の開発だ。 そのコンセプトは、後のブームの発端となる。
ダイハツ
1970年代

フェローMAX550

希薄燃焼方式550ユニット搭載
1976年に、フェローMAXは 2つのシリーズをラインナップする。 従来の360ユニットの50年排ガス暫定規制適合車、 そして、新規格に適合した550エンジンの550。 翌年にはフェローMAXクオーレに車名変更を行い、 550エンジンのみのラインナップとなった。
日産
1980年代
1990年代

マーチ

日産初のベーシックカジュアル
国内第二位の販売シェアを誇る日産自動車は、 1980年代に向けて新たな戦略を打ち出す。 同社のボトムラインを支える リッターカー・カテゴリーへの進出だ。 その力の入れ具合は半端ではなかった。
トヨタ
1970年代

セリカ

70年代を代表した先進スペシャルティ
流麗でスポーティなスタイリングと、 俊敏なパフォーマンス、そして快適な室内空間を持つ クルマ好きの夢を実現した存在、それがスペシャルティカーである。 日本初のスペシャルティカーとして誕生したセリカは、 名車フォード・マスタングを入念に研究。 フルチョイス・システムという斬新な販売システムで ユーザーにクルマ選びの“自由”も提案した。
スバル
1980年代
1990年代

ジャスティ

リッターカー分野へのまじめな挑戦
ライバルとなる日本の各メーカーが、 矢継ぎ早にラインナップを拡大する1980年代。 スバルもついに新しいカテゴリーに挑戦する。 軽自動車のレックスと小型車のレオーネの 中間に位置するリッターカーの開発だ。 中身は独自のメカニズムを満載した良品だった。
ホンダ
1960年代
1970年代

N360

常識を打ち破った革新FF軽自動車
ホンダは、1966年(昭和41年)の東京モーターショーに 新開発の軽自動車を展示した。 翌年の3月から販売を開始したN360である。 当時の軽自動車は最高出力20ps前後が平均的なのに対し、 N360は31psのハイパワーを発揮。 駆動方式は、前輪を駆動するFF。 N360は、革新のホンダを象徴する意欲作だった。
スバル
1980年代
1990年代

アルシオーネ

鮮烈造形。スバル初スペシャルティ
1980年代半ばの日本の自動車市場は、 スペシャルティカー・ブームで賑わっていた。 各メーカーから最新の2ドアクーペが 続々とリリースされ、大注目を集める。 そんな中、満を持してスバルが送り込んだのは、 エアロルックをまとった個性的な1台だった。
マツダ
1960年代
1970年代

ルーチェ

ベルトーネ造形のスタイリッシュセダン
マツダは1963年と1965年の東京モーターショーに、 ルーチェの名を冠したプロトタイプ車を出展。 どちらもベルトーネによるスタイリングで、 1966年、初代ルーチェとして発売。 流麗なスタイリングと、豪華さで注目を集めた。
トヨタ
1980年代

カリーナED

美しく妖しい。4ドアクーペの新提案
4ドアハードトップのカリーナEDは、 セリカとシャシーを共用する1台。 1つのシャシーを使って、 様々なスタイルのクルマを造る−−。 トヨタが積極的に採用したこの手法は、 1980年代に入って拡大展開を遂げた。