日産
2000年代
2010年代

2017 GT-R

究極のドライビングプレジャーを追求。“深化”を続ける赤バッジ
日産自動車は2007年に単独車種に移行した新世代の “赤バッジ”モデル、R35型「GT-R」を市場に放つ。 専用のプラットフォームにVR38DETTエンジン+6速DCT、 独立型トランスアクスル4WDといった最新メカを豊富に 盛り込んだR35は世界屈指のスーパーパフォーマンスを実現。 さらにデビュー後も進化と深化の道程を歩み続け、 2017年モデルではR35発売以来最大の規模となる エクステリア&インテリアのデザイン変更を実施した。
ホンダ
2010年代

2017 シビック・タイプR

ニュル7分43秒80。世界最速FFホットハッチ!
タイプRは、ホンダ製スポーツの象徴。 最新モデルは「頂点を極めるモデル」として開発された。 目指したのは圧倒的な速さ! ニュルブルクリンク北コースで 量産FFモデル世界最速となる7分43秒80を記録。 2L直4DOHC16Vターボは320ps/40.8kg・mをマークする。 すべてが本格。走りのオーラは誰にも負けない。
スズキ
2010年代

2017 スイフトスポーツ

走り元気!新開発1.4ℓターボを積む韋駄天モデル
3代目スイフト・スポーツは、 軽量ボディに新開発1.4ℓ直噴ターボ(140ps/23.4kg・m) を搭載したFFホットハッチ。 パワーウェイトレシオはクラストップの6.93kg/ps(MT)。 足回りは前後トレッドをワイドにした走り指向である。
マツダ
2010年代

ロードスター

“原点回帰”。SKYACTIV技術と魂動デザインを採用した第4世代
マツダは2015年5月にロードスターの全面改良を 実施して第4世代となるND型系を市場に放つ。 軽量スポーツカーへの原点回帰を果たした新型は、 エンジンやミッション、シャシー、ボディなどに FR用に新設計した先進のSKYACTIV技術を導入。 独自の魂動(こどう)デザインを取り入れて、 誰もが一瞬で心ときめく新世代スポーツカーの スタイリングを創出したことも訴求点だった。
トヨタ
2010年代

86

完成度を高め続ける新世代FRスポーツ
トヨタ自動車は富士重工業(現SUBARU)と共同開発した FRスポーツ車の「86」を2012年2月に発表する。 “直感ハンドリングFR”をコンセプトに据えて 企画した渾身作はFRプラットフォームに 軽量・コンパクト・低重心・低慣性のパッケージ、 フロントミッドシップの水平対向D-4Sエンジン、 機能美を追求した内外装デザインを採用。 同時にモータースポーツやカスタマイズ商品など、 86を使った様々なスポーツカーの楽しみ方を提案した。
アルファロメオ
2000年代
2010年代

8Cスパイダー

往年の高性能モデルの車名を引き継いだ傑作アルファ
イタリアのプレミアムカーブランドである アルファロメオは2006年開催のパリ・サロンにて 生産型「8Cコンペティツィオーネ」を発表する。 カーボンファイバーで仕立てたボディパネルに 4.7L・V8エンジンとQセレクトのパワートレインを 搭載したクーペタイプのスーパースポーツは、 500台の限定生産で世界市場にリリースされた。 さらに2008年開催のジュネーブ・ショーでは、 オープン仕様の「8Cスパイダー」の生産型が登場。 コンペティツィオーネと同じく500台が販売され、 世界中のアルフィスタから熱い視線を集めた。