三菱
1970年代
1980年代

ランサー・セレステ

FTOの後継を担う小型スペシャルティ
日本のすべての自動車メーカーが 排ガス対策に苦心していた1970年代半ば、 三菱自工はギャランFTOの実質的な後継となる 小型スペシャルティカーをデビューさせる。 初代ランサーのシャシーを流用したそのモデルは、 “青い空”を意味するセレステのサブネームをつけていた。
三菱
1970年代
1980年代

三菱の歴史3 第三期/1977-1986

国内No.3の自動車メーカーへと躍進
軽自動車からハイオーナーカーまでを手掛ける フルラインメーカーに発展した三菱自動車は、 1970年代後半に入ると、さらなる販売網の拡大と 車種ラインナップの充実を図っていく。 クルマ自体もいっそう個性的になり、 とくにRVの分野では先陣を切るメーカーとなった。
ホンダ
1980年代
1990年代

インスパイア

ホンダが創造した大人のスペシャルティ
ハイソカー・ブームで賑わう 1980年代末の日本の自動車市場。 ホンダ技研はアコードをベースにした 上級4ドアハードトップ車をデビューさせる。 車名はアコード・インスパイア。 FR方式を採用するライバル群とは異なり、 「FFミッドシップ・縦置5気筒」を採用していた。
トヨタ
1980年代

セリカ2000GT-R

“流面形”スタイルを採用した4代目
スペシャルティカーというカテゴリーを 日本で確立したセリカは、 1980年代中盤に入って大変身を遂げ、 駆動方式にFWDを採用するようになる。 同時にスタイリングも一新し、 流面形を名乗る空力ボディを導入した。
スズキ
1980年代

フロンテFG

内外観の完成度を高めた6代目
1962年に登場した初代にあたる スズライト・フロンテから22年。 スズキは6代目となるフロンテをデビューさせる。 5代目と同じくバンモデルであるアルトを伴い、 乗用車登録モデルとしての位置付けを踏襲。 多くのユーザーに対してアピールする クリーンなイメージの外観を纏って登場した。
三菱
1980年代

ミラージュⅡ

三菱初のスタイリッシュFF進化形
1978年3月に登場した初代ミラージュは、 三菱の新販売網カープラザ店向けの最初のモデル。 FFレイアウトと実用的なHBボディーを持ち、 一世を風靡したヒット作である。 その魅力をさらに輝かせる形で、 改良を実施しデビューしたミラージュⅡ。 先進のメカニズムで大きな話題を呼んだ。
トヨタ
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代

ランドクルーザー40

世界へ羽ばたいた国産4WDの王者
1951年のトヨタ・ジープBJから、 ランクルの輝かしい歴史は始まった。 1960年に登場した40系は、おおよそ25年もの間、 ラインアップの中核を担ったロングセラー。 この40系の人気を決定付けたモデルが、 1974年に登場した 3リッター・ディーゼル搭載のBJ40系である。
トヨタ
1980年代

ハイラックス・サーフ

トヨタ製クロカンのヒット作
1970年代末ごろから徐々に広がり始めた 日本のレクリエーショナルビークル・ブーム。 各自動車メーカーも、その流れに対応した 新型車を続々とリリースするようになる。 トヨタはピックアップのハイラックスを ベースにした魅力的なSUVを開発した。
スバル
1970年代
1980年代

レックス

鮮烈ウェッジ・シェイプを纏う前衛ミニ
レックスは軽自動車の老舗であるスバルが 満を持してリリースした意欲作である。 風を切り裂く大胆なボディデザイン、 クラストップのパフォーマンス、 そして豪華な装備と快適性…… レックスはひとクラス上の実力を持つ スバルの技術力の結晶だった。
三菱
1970年代
1980年代

ミラージュ

新時代の到来を告げたスーパーFFモデル
三菱の技術力をフルに結集したコンパクトカー、 それがミラージュだった。 日本だけでなく海外マーケットも視野に入れた国際車で、 各部に意欲的な設計を導入。 副変速機を用いた4×2速ミッションなど、 走りを楽しくする工夫で話題を振りまいた。